相続の専門家選びのコツ|三鷹 相続 無料相談センター | 吉祥寺(武蔵野市),三鷹市,小金井市の税理士事務所

相続で悩んだ時の専門家選びのコツ

相続が発生すると、まず遺産を確保・確認・集計して、遺産分割協議に入るわけですが、 通常相続人にとっては初めての相続であることも多く、面喰ってしまうことも良くあるようです。

その都度、どの専門家に何をどこまで頼むべきか、悩むことが少なくありません。

通常、税理士、弁護士、司法書士、行政書士が考えられます。

それぞれ、最低限フットワークの良い地元で評判の先生をお勧めします。

税理士に依頼するケース

税務の専門家です。ただし、税法の範囲は広く、税理士も専門分野があり、相続経験・ノウハウの有無に雲泥の差があります。 依頼を検討している税理士の専門性や地元の評判を確かめてから、依頼すべきでしょう。 ホームページのプロフィールやブログ等を確かめるのも、方法の一つです。 但し、税務以外の法務、具体的には民法や会社法は専門外なので、相続を依頼する場合は、 法務の専門知識があるか否か、確かめる必要があるでしょう。 行政書士事務所を兼営しているか否かを確認するのも一つの方法と言えます。

弁護士に依頼するケース

法務の最高スペシャリストです。訴訟行為は弁護士の専権事項です。 ただし法務は範囲が広いため、その専門分野と経験を確かめて、依頼すべきでしょう。 また、報酬も一般的に高めであるため、まずは他の専門家で対応できないか考えるべきでしょう。

司法書士に依頼するケース

登記の専門家です。相続登記(名義書換)等は、司法書士に依頼すべきでしょう。法務の専門家である弁護士に相談する前に、利用するのも一つの手と言えます。

行政書士に依頼するケース

街の法律家と言われています。法務の幅広い知識を有しますが、弁護士同様、専門分野(得意分野)がありますので、相続の経験が豊富な行政書士に依頼すべきでしょう。 依頼範囲として、遺産分割協議書・遺言書作成に限定され、行政書士単独で相続手続きを完遂することはできないので、注意が必要です